雨宮塔子が夫の青木定治と離婚!原因と子供は!実家の傷害事件とは

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


元TBSアナウンサーで、現在、エッセイスト、フリーキャスターとして活躍されている雨宮塔子さん。最近別居中で離婚がささやかれていましたが、離婚されたそうです。残念ですねぇ!子供さんもいるのに・・・・

雨宮塔子の夫はパティシエの青木定治!!

1999年にTBSを退社し、学生時代のもう一つの夢であった絵画の勉強をするためフランスのパリに遊学しました。

パリで出合ったふたりは、半年間の合付き合いで(ちょっと短いかも!)2002年12月に結婚されています。夫の青木定治さんは「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」のオーナーシェフですね。

雨宮塔子

青木定治さんは、町田調理師専門学校卒業に、東京都の「青山シャンドン」に勤務し1991年に渡仏しています。

スポンサードリンク

パリに4店舗、東京に4店舗、台湾2店舗を構える人気店であり、世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で最優秀賞を受賞しています。

2003年には長女が、2005年には長男が生まれ、2014年には長女は11歳、長男は9歳になりますね。

雨宮塔子の離婚の原因とは?

雨宮塔子さんの離婚は、多忙の生活でのすれ違いが原因なのでしょうか?昨年、青木定治さんが、家を出る形で別居生活になって1年以上たつという。縁があってで結婚するのですが・・・・むつかしいですね!結婚ってやつは?

雨宮塔子

「いずれにしろ「忙しすぎる」という理由で離婚するのは、時間もお金もかかり簡単な事ではないので、結婚する前にお互いの気持ちと結婚後の生活をよく話しておくことが大事だ」と弁護士さんのアドバイスです。

今後も子供たちの為にも、生活の根拠はパリに置き、仕事があるときに帰国するというスタイルで頑張るそうです。(ガンバレ!!)

雨宮塔子の実家と叔父の事件簿とは!!

雨宮塔子さんは、東京都杉並区出身で、父親は文芸春秋が発行する月刊誌「文學界」の元編集長の雨宮秀樹さん。

雨宮塔子さんがTBSに入社して3年目に実家で傷害事件が発生しました。被害にあったのはお母さんとおばあさんです。お母さんはハンマーで殴られ、その犯人が叔父というから驚きですね。

身内の金銭トラブルらしいですが、事件があった当日は、雨宮塔子さんも自宅にいたが、別の部屋にいて被害に遭わなかったみたいです。

当時は、ニュースにもなり、雨宮塔子自身もかなりショックを受けた様子で話題になりましたね。「どうぶつ奇想天外」「チューボーですよ!」などの人気番組を担当していて大変だったのでは・・・・・
雨宮塔子

今後、シングルマザーとなりますが、体調に気ずかいながら頑張ってください。応援してま~す!!ガンバレ!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 小金沢昇司
  2. 藤原紀香
  3. 柳原可奈子
  4. 春一番
  5. 石田純一
  6. グッチ裕三
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。