浅田真央の出身はどこ?引退はあるの?オリンピックのくやしさは?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


フィギュアスケート女子で、2010年バンクーバー五輪の銀メダリストの浅田真央さん。キム・ヨナのライバルとして、ずいぶん頑張ってこられましたね。

今後の動向が気になるところです。

浅田真央

浅田真央さんはどこの出身で、いつからスケートは?

浅田真央さんは愛知県名古屋市名東区出身で中京大学付属中京高等学校卒業、中京大学体育学部卒業。

お父さんが元宝塚女優の大地真央さんの大ファンだったことから、「真央」とつけられたという。

小学生ころから3回転アクセルをはじめ、小さいころから「天才」と呼び声も高く他の小学生とは違っていましたね。

2003年の中部ブロック大会で3回転アクセル-2回転トウループのコンビネーションを成功させ周囲を驚かしました。

2008年にはGPファイナルのフリーで女子シングル史上初の2度の3回転アクセスに成功。

浅田真央さんは続行か、引退かが気になりますが!

五輪直後の記者会見で、今シーズンでの引退は「ハーフ、ハーフ」と語っていた浅田真央さんですが、何か抵抗勢力がいるのかなぁ~?

スポーツ紙によると、今回の大会の放映権料がまるまる懐に入る国際スケート連盟が引退を許さないだろうと予想されています

放映権料はこの大会では1日5000万円まで値上がりして、これだけの大金が払われるのも浅田真央さんがお客様を呼べるからです

実際、浅田真央さんがジュニアデビューした2006年から13年までの9年間で連盟の現金預金は9億円も増えたという。

スポンサードリンク

 

 浅田真央さんのオリンピックの成績とキム・ヨナの関係とは

浅田真央

最大のライバル・韓国のキム・ヨナの存在が大きいですね。

2010年バンクーバーオリンピックで悔し涙の銀メダル。

ソチオリンピックは6位とメダルに届かず残念な結果になりましたが、演技が終わり天を仰いで悔しそうな涙顔は忘れないです。

でも、2010年、2014年世界選手権、四大陸選手権優勝3回、GPファイナル優勝4回全日本選手権優勝6回。すごい!!

2010年バンクーバーオリンピックでは、女子シングル史上初めて1つの競技会中に3度の3回転アクセルを成功させ、ギネスに認定されました。これも又すごい!!

個人的な意見としては、まだまだ現役で頑張ってほしいと思います。人気があり、可愛くて、人を呼べる才能がすごいです

「真央ちゃんスマイル」にハートをつかまれた人は少なくないようだ。特に森元総理の発言の時に、大人の対応には「大あっぱれ」をやり、今後も期待したいですね!!

*4月10日引退を表明しましたね、残念です! でも、本当に頑張りましたよ。
「お疲れさま」 次のステージでまた頑張ってね!・・・・ありがとう!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 板井栄一
  2. 市川恵多
  3. 伊藤翔
  4. コスタ・クーファス
  5. 横谷繁
  6. 大山啓輔
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント