三宅健の生い立ちとは!身長と体重とNHKのみんなの手話では

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


アイドルグループV6のメンバーのひとり、三宅健さん。バラエティー番組や初の昼ドラに出演し、ますます芸の幅を広げて活躍している三宅健さんを調べてみました。

三宅健の生い立ちとは?

三宅健さんは、1979年7月2日生まれの神奈川県出身で、V6としてジャニーズから、16歳の時デビューしています。ジャ二ーズに入るきっかけをつくったのは親戚のおばさんが、履歴書を書くようにすすめてくれたそうです。

 

三宅健さんは、小さい頃にお父さんを亡くされています。女でひとつで三宅健さんと弟さんを育てたお母さんも2010年5月20日にすい臓ガンで亡くなられているようです。

母が、天国に旅立ったのは20日午前1時20分過ぎ、臨終の瞬間には、病室で弟と共に立ち会うことが出来たといいます。ことしに入って病状が悪化し、多忙な仕事の合間をぬって病院に来ていたという。

本人の強い意志で、葬儀はひっそりと行われ、メンバーと関係者のみでのお別れとなったようです。周囲には気付かれぬまま、仕事をこなし、番組を盛り上げる。そのプロ根性は見上げたものですね!(すごいぞ!)

スポンサードリンク

幼いころ、父親と別れ、女でひとつで兄弟を育ててくれた母親の死!諸行無常の世の中とは言え、悲しすぎますね!。でもガンバレ!たくさんのファンがついているぞ~!

三宅健の身長と体重とは?

三宅健さんの身長は164センチ・体重は49キロとプロフィールには書いてありましたが、現在は、もう少しあるのでは・・・。

三宅健の手話が、うまいのは何故?

三宅健さんが手話をおぼえようとしたのには、素敵なエピソードがあります。それは握手会で来た、ろう者の女の子が、手話で話しかけてきたが、まったくわからず、手話をマスターしようと思ったそうです。(彼はやさしい気持ちの持ち主ですね!)

手話を覚える時間も限られていたでしょう!芸能人は時間に追われていて、その合間に手話の勉強とは頭が下がりますね。週に1回2時間の教室に、主婦たちに混じって学んでいたそうです。

NHKの「みんなの手話」で、講師の早瀬憲太郎さん、アシスタントの金子真美さんと一緒に出演しているのが、ナビゲーター役の三宅健さんですね。

 

早瀬氏は「手話は自分の気持ちや性格が(手話をする)手に出ることが魅力的だと思います。三宅健さんの真面目で人に気を使う性格も手の表現に出ています」とのコメントをしていますよ!
若くして経験したことが、今後に生かせると思いますよ!人生もいろいろありますが、ぜひ頑張ってください!今後も応援してま~す!!ガンバレ!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 加藤武
  2. 小泉進次郎
  3. 渡辺直美
  4. 速水もこみち
  5. 優香
  6. 渡部篤郎
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント