上原浩治の兄は何故北川?成績と年俸は?高校の時は無名だったが

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


メジャーリーガーの上原浩治投手。すごい活躍ですね!上原浩治投手の兄がなぜ北川さんなのか?高校時代は無名ながら何故メジャーまで上り詰めたのかをリサーチしてみました。

上原浩治の兄は何故、北川なの?

お兄さんは、名前が隆明さんで上原浩治投手の2つ年上です。1999年4月に北川ヒューテックに入社して、翌年、北川義信会長の三女の北川春子さんと結婚されています。

北川ヒューテックの会社は、道路工事や塗装を行っていて、隆明さんは常務の肩書で頑張っておられます。兄弟そろってすごいですね!

上原浩治

上原浩治の成績と年俸は?

・1999年:1300万円       20勝4敗 0セーブ

・2000年:6600万円        9勝7敗 0セーブ

・2001年:7600万円       10勝7敗 0セーブ

・2002年:1億600万円      17勝5敗 0セーブ

・2003年:2億1000万円     16勝5敗 0セーブ

・2004年:3億円0000万円    13勝5敗 0セーブ

・2005年:3億5000万円     9勝12敗 0セーブ

・2006年:3億4000万円     8勝9敗  0セーブ

・2007年:3億1000万円     4勝3敗 32セーブ

・2008年:4億0000万円     6勝5敗  1セーブ

・2009年:5億0000万円     2勝4敗  0セーブ

・2010年:5億0000万円     1勝2敗 13セーブ

・2011年:3億0000万円     2勝3敗 0セーブ

・2012年:4億0000万円     0勝0敗 1セーブ

・2013年:4億2500万円     4勝1敗 21セーブ

・2014年:5億0000万円     6勝5敗 26セーブ

スポンサードリンク

レッドソックスは新たに、2015年、2016年までの2年契約で19億円で合意しました。メジャー通算6年で294試合に登板し15勝15敗61セーブ、防御率2.52。ガンバレ!

上原浩治

上原浩治の高校と大学時代は?

高校は自転車で通えて野球が強いという理由で東海大学付属仰星高等学校に入学、1、2年は外野手を務める一方で、練習では打撃投手を務めることもあったという。

3年生になって投手になるが、ほとんど登板機会がなく、府大会で敗退した為、まったく無名の選手でした。一浪後、再度大阪体育大学を受験し合格、野球部に入った。(高校時代は、パッとしなかったのですね!)

アメリカ野球殿堂入りしているノーラン・ライアン著書の「ピッチャーズ・バイブル」を読んでトレーニングしたといいます。(人間あきらめたらダメですね!)

阪神大学リーグでは主戦投手として優勝に貢献し、大学4年間で通算リーグ優勝5回、通算36勝と完封13はリーグ記録です。(すごいですね!)

1998年のドラフトで松坂大輔投手と並ぶ目玉でした。上原浩司投手はメジャーリーグの「エンジェルス」と「読売ジャイアンツ」による争奪戦になり、最終的には読売ジャイアンツに入団しましたね。

yjimage-u-5

青木宣親選手がワールドシリーズ出場して活躍しましたが、来シーズンは、上原浩治投手もワールドシリーズに出場出来るよう頑張ってください!「雑草魂だ~ッ!」応援してま~す!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ジェラルド・グリーン
  2. 常田克人
  3. 野上結貴
  4. 飯田貴敬
  5. 横島由一
  6. ボビー・ポーティス
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント