山城新伍の晩年は?自業自得なのか?老人ホームでの最期!!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


山城新伍さんは、1938年の生まれで京都府京都市の出身です。京都の医者の息子として勉強に励んだが、大阪医科大学、関西医科大学を受験するも、いずれも不合格だった。

医師の道を諦め、東映のニューフェース第4期生で東映に入社。テレビ時代劇「風小僧」で主役となり、その後の「白馬童子」で子供たちの人気者になりましたね。

山城新伍

山城新伍の晩年はどうだったのだろう?

2009年8月12日に東京・町田市の特別老人ホームで肺炎で死去。(びっくりしました。まさか老人ホームでの死去とは!)

華やかな芸能界で頑張ってこられてきて、老人ホームでの死は落差がはげしく、何があったのですかと尋ねたくなりますね。

親友の梅宮たっちゃんとは、残ったほうが葬儀委員長をやると約束されていたそうで、10月9日東京プリンスホテルで「山城新伍を偲ぶ会」があったそうで、約束通り梅宮辰夫さんが発起人で約140人の芸能関係者が出席されたそうです。

山城新伍

糖尿病を患ってからは、人前に出ることもなくなり元夫人の花園ひろみさんや娘さんから「死んでも顔を見たくない」という恨みを持たれていたかもしれませんね。 最後はたった一人で孤独な老人ホームにての死亡でした。

スポンサードリンク

山城新伍は自業自得というが本当か?

山城新伍さんは1965年に同期だった花園ひろみさんと結婚、ひとり娘さんにも恵まれて幸せな夫婦生活を送っていましが、山城新伍さんの浮気が原因で1985年離婚。

その後1991年には復縁して話題になりましたが、1995年に2度目の離婚。これも山城新伍さんの女性問題だったそうです。娘の南さんはお父さんと呼びたくないと絶縁宣言!!戸籍から名前を抜いたと明かすほど近親憎悪を生んだ。(男親からすれば悲しいですね!でも娘さんからすれば・・・・)

山城新伍

老人ホームでの最期とは!!

元夫人の花園ひろみさんと娘のさんは、老人ホームの入居の際も連絡があったが彼女たちが訪れることはなく「一切かかわりたくない」と一蹴したと報道されています。

生前、週刊誌の取材で「娘に会いたい」と話すなど思いを抱き続けたが・・・・ 没後、山城新伍の実弟や同期俳優らが呼び掛けたが二人は葬儀や四十九日にも参列していないと書いてありました。

雑誌に記載されていた記事に「昔の大先輩が老人ホームに入っていて、むかし有名な俳優だったことを言っても誰も信じてくれないので証明してくれ」と頼まれた山城新伍さんは、花束にメッセージカードを添えて送ったそうです。先輩はウソでなかったことが証明されて喜ばれたそうですが、こんないい話なのに今度は自分が老人ホームで・・・・・・

華やかな芸能界のスターが、又ひとり亡くなり寂しいですが亡くなった場所が老人ホームとは・・・・花園ひろみさんとドライブ中に「結婚してくれないとこのまま湖に突っ込んで死ぬ」とまで言ってプロポーズして手に入れた妻だったが、自業自得とはいえ寂しいお別れとなりました・・・・・・。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アグネス・チャン
  2. 小金沢昇司
  3. トリンドル玲奈
  4. 冠二郎
  5. 安藤優子
  6. 峰竜太
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント