金子千尋の成績と年俸は?オリックスFA宣言!残留か?移籍か?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


最多勝と最優秀防御率の二冠に輝いたオリックスの金子千尋投手。FA宣言したことや、気になる情報を調べてみました。

金子千尋の成績と年俸は?

・2004年   自由獲得枠  契約金1億円  (オリックス・バファローズ)

・2005年    1500万円

・2006年    1200万円    1勝1敗1H    防御率3.54

・2007年    1700万円    6勝2敗1S2H  防御率2.79

・2008年    3000万円   10勝9敗      防御率3.98

・2009年    5000万円   11勝8敗4S    防御率2.57

・2010年    7800万円   12勝8敗1H    防御率3.30

・2011年  1億5000万円   10勝4敗      防御率2.43

・2012年  1億6000万円   4勝3敗       防御率2.40

・2013年  1億2000万円  15勝8敗       防御率2.01

・2014年  2億0000万円  16勝5敗       防御率1.98

*タイトル  ・最多勝:2回 (2010年、2014年)

・最多奪三振:1回 (2014年)

・最優秀防御率:1回 (2014年)

金子千尋はFA宣言!残留か?移籍か?

金子千尋投手は国内FA宣言しましたね。どうなるのでしょうね?。オリックスは、すでに3年で15億とみられる条件を提示しましたが、楽天、中日、ソフトバンク、阪神、DeNAなどの日本チームが興味を示していますが・・・・

スポンサードリンク

阪神タイガーズの中村GMにとっては、金子千尋投手はオリックスGM時代にドラフト1位で獲得した選手で、今回は金子千尋投手側から現時点での対面を拒否されているといいますが・・・。(泣)

ある表彰式に出席した時に、選考委員の有藤道世氏(野球評論家)から「オリックスを出て行くなら、優勝させてから出て行け」と残留指令が出されたそうで、「そうですね。と答えたら残留と書かれるので、そういう質問には答えない」と報道陣に話していました。

中日は、金子千尋投手の右ひじの手術を受けたことが明らかになり、チーム内に不穏なムードになっていると噂されています。

楽天は、大久保新監督が金子千尋投手に熱烈ラブコールを送っていて、いい報告が来ることを祈っていますといいます。

DeNAは、松坂大輔投手がソフトバンクに入り、獲得を断念。金子千尋投手に一本化したといわれていますね。

ソフトバンクは、金子千尋投手に単年7億、4年で総額が軽く30億を軽く超えます。出来高払いが加えられると「破格も破格」という事ですが・・・。どうなります事やら???

金子千尋投手の今後の活躍を期待しています。頑張ってください、応援してま~す!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 上原宏一
  2. 内田順三
  3. yjimage-a-1
  4. クリス・ダン
  5. 横峯さくら
  6. 石井琢朗
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント