明石家さんま名言は生きてるだけで丸儲け!本名と年収とエピソード

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


日本のお笑い芸人のBIG3の一人として称される明石家さんまさん。しゃべりだしたら止まらないマシンガントークの明石家さんまさんの年収やエピソードなど気になる情報を調べてみました。

明石家さんまの名言は生きてるだけで丸もうけ!

明石家さんまさんの、母親は幼少時に他界し、実父、継母、兄、弟と暮らしていたそうで、その弟さんは19歳の時、実家の火災で亡くなられています。

さんまさんも1985年8月12日に起きた日本航空墜落事故の飛行機に乗る予定でしたが、「おれたちひょうきん族!」の収録が早く終わった為キャンセルし、一つ前の便で帰り難を逃れた経験から「生きてるだけで丸もうけ!」は母の死、弟の死、自分自身も日航空機事故で死にかけてから生まれた言葉だそうです。

明石家さんまの本名と年収!

明石家さんまさんは、1955年7月1日和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。本名:杉本高文(すぎもと たかふみ)さんです。

明石家さんまさんのギャラは、テレビ番組1時間で200万円~300万円と言われています。単に300万円として、つまりテレビで稼ぐ金額は1週間で300万円×7=2100万円で、1ヶ月にすると約8400万円

さらに、CM出演料が約1本が約1億円と言われていて、・「GREE・釣りスタ」・「キリンビール・濃い味デラックス」・「キッコーマン・特選丸大豆しょぅゆ」・塩野義製薬・セデスファースト」それを加えると年収は・・・・・・?????

過去に吉本興業の社長が「明石家さんまの年収は8億円!」と言っていたことを思い出しました。現在はもっと稼いでいて10億円ぐらい稼いでいるのではないでしょうか?

「上が抜けなきゃ、新しいものが生まれてこない!」と説明し、2011年7月「さんまのまんま」内で「60歳でテレビは引退する」と公言しましたが・・・。

その後、他の番組でも「60歳でテレビのレギュラー番組をやめて、仲間たちと舞台をしたい」と主張していましたが、2014年4月にこれを撤回しています。どうなりますかねぇ~・・・・?

明石家さんまのエピソードとは!

幾度か「NHK紅白歌合戦」の白組司会の候補に挙がったことがあるとされる。また、明石家さんまさんは「過去に1度NHKから紅白の出演アファーがあって断ったが、もう一度オファーが来た時には引き受けようと思っていたが、それ以来オファーが来ていないと」と語っていました。

スポンサードリンク

1975年「11PM」でテレビデビューし、その司会者の藤本義一さんに「さんまか?いわしか?知らんけどな!、テレビで言うていい事と悪いことがあんねや。それくらい覚えて出てこい!」とCM中に叱責された経験があります。

横山やすしさんからは、大変気に入られ「さんま、気に入った飲みに行こ!」と誘われて、その後、横山やすしさんの家に招待されて可愛がってもらったと言っていますね。

明石家さんまさんは1976年の人気番組「ヤングおーおー!」の形態模写が桂三枝さんの目に留まり、プロ野球阪神タイガースの小林繁投手の投球フォームを形態模写して評判になり、アイドル的な人気を得ましたね

やめるなんて言わないで、不景気な世の中を笑いで吹き飛ばしてください!今後の活躍を期待しています。応援していますので頑張ってくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. グッチ裕三
  2. 宮川大輔
  3. 泉ピン子
  4. 峰竜太
  5. 若林正恭
  6. 関口宏
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。