東国原英夫のエピソードは何!結婚、再婚、再々婚は一般女性!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


57歳の誕生日に入籍を済ませた東国原英夫さん。デビュー当時の芸名は東英夫で活動していましたが、師匠のたけしさんに、新しい芸名を弟子に付けるときにビートたけしさんは「東はもう、”そのまんま””東”でいいよ!」と返答された東国原英夫さん。いろいろ、気になる情報を調べてみました。

東国原英夫のエピソードとは!

東国原英夫さんの「東国原」の性は鹿児島県曽於地域においてみられる性で、両親は鹿児島県出身かつ在住であり、電話帳で確認する限りでは宮崎県内には「東国原」の性は見当たらないという。

東国原英夫さんは、宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校時代はハンドボール部に所属し、高校総体にも2年連続出場しています。

東国原英夫さんの父親は、手広く不動産業を営んでいて、初めての男の子で、自分の名前の一字をとり「英夫」と命名するほど可愛がっていたと言いますね。

たが、商売上のトラブルから、自宅が放火されたことがあり。晩年は事業に失敗し、変死していて、自殺かどうかは、はっきりと語られてはいないとされているが。

TBSの人生再現ビデオでは、8歳のときに生き別れたっきり会ったことはなく、その7年後の冬に自殺したと知らされて、母が他の男性と結婚した為「東国原」の性になったと言うことです。

スポンサードリンク

2006年10月に宮崎県高千穂町の天岩戸神社に近い聖地・天安河原を訪れた際に「宮崎に帰ってきてください!」という天の声を聞き、これが、その後の知事選出馬のキッカケになったと話をしています。

東国原英夫の最初の結婚は?

東国原英夫さんは、1985年にフリーアナウンサーの片平夏貴(当時・片平きよみ)さんと結婚しましたが、1989年に離婚しています。

東国原英夫の再婚とは?

東国原英夫さんの再婚相手は女優のかとうかず子さんで、1990年に再婚し1男1女をもうけましたが2006年に離婚されています。

離婚説には複数の説があり、妻のかとうかず子さんに「私と宮崎と、どっちが大事なの?」と言われ「宮崎!」と即答して宮崎知事選に出馬したという説と。

「政治活動するような人には、激しい拒絶感があり、精神的に受け付けない!」と言われたという説とがありますが、どちらが本当でしょうか?。

東国原英夫の再々婚とは?

2014年9月16日に20歳年下の一般女性と入籍したことを自身のツイッターで公表しています。ちなみに9月16日は東国原英夫さんの誕生日の為、バースデー入籍のダブルおめでとうになりました。

相手は宮崎在住の一般女性で1977年長崎県生まれ、その後父の転勤で富山県。若い頃はモデルをやっていたというが、10年前に両親ともに宮崎に移り住み、2008年~09にかけて宮崎県庁や宮崎市役所の非常勤職員として勤務し、その後家事手伝いをしていました。

東国原英夫さんとの出会いは、都知事選落選の後、宮崎で友人たちが開いてくれた激励会で、彼女も参加していて、元気付けてくれたのが彼女だったということですね。今度は幸せになってくださいね!

もう、4度目の結婚は、無しにしてください。東国原英夫さんの今後の活躍を期待しています。応援していますので頑張ってください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 所ジョージ
  2. 諌山創
  3. 榮倉奈々
  4. 坂口杏里
  5. 泉ピン子
  6. 吉永小百合
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。