野茂英雄の成績と年俸は?米国でベースボール・パイオニア賞を受賞

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


大きく振りかぶってから背中を打者に向ける独特の投法で投げる投手は誰ですか?トルネード投法の野茂英雄投手ですね。大リーグ挑戦の流れを作った野茂英雄投手の成績と年俸をしらべてみました。

野茂英雄の成績と年俸は?

・1989年  ドラフト1位  契約金1億2000万円  (近鉄バファローズ)

・1990年    1000万円   18勝8敗   防御率2.91

・1991年    3600万円  17勝11敗   防御率3.05

・1992年    6600万円   18勝8敗   防御率2.66

・1993年  1億1600万円  17勝12敗   防御率3.70

・1994年  1億4000万円    8勝7敗   防御率3.63

・1995年   約1000万円   13勝6敗   防御率2.54 (ロサンジェルス・ドジャース)

・1996年   約6000万円  16勝11敗   防御率3.19

・1997年   約9000万円  14勝12敗   防御率4.25

スポンサードリンク

・1998年 約2億8000万円   6勝12敗   防御率4.92 (ニューヨーク・メッツ)

・1999年   約2500万円   12勝8敗   防御率4.54   (ミルウォーキー・ブルワーズ)

・2000年 約1億0000万円   8勝12敗   防御率4.74   (デトロイト・タイガース)

・2001年 約4億5000万円  13勝10敗   防御率4.50   (ボストン・レッドソックス)

・2002年 約4億5000万円   16勝6敗   防御率3.39  (ロサンジェルス・ドジャース)

・2003年 約7億7500万円  16勝13敗   防御率3.09

・2004年 約9億0000万円   4勝11敗   防御率8.25

・2005年   約8000万円    5勝8敗   防御率7.24  (タンパペイ・デビルレイズ)

・2006年

・2007年

・2008年 カンザスシティ・ロイヤルズ      0勝0敗  防御率18.69

*タイトル  NPB  ・最多勝:4回 (1990年・1993年)

・最高勝率:1回 (1990年)

・最優秀防御率:1回 (1990年)

・最多奪三振:4回 (1990年~1993年)

MLB ・最多奪三振:2回 (1995年・2001年)

野茂英雄がベースボール・パイオニア賞を受賞!! 

野茂英雄氏は2015年1月5日米国で「ベースボール・パイオニア賞」を受賞することが決まりましたね。嬉しいですね!授賞式は18日ロサンゼルスのホテルで行われます。

2013年11年26日、日本人選手として初のアメリカの野球殿堂入りの候補になりましたが、2014年1月8日の発表で6票で残念ながら落選いたしましたね。(泣)

野球監督として球界に戻ってくるのを待ってますよ。今後の活躍を期待していますので頑張ってください。応援してま~す。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 秋葉真一
  2. 小川航基
  3. 吉田弓美子
  4. タイラー・ゼラー
  5. 八木智哉
  6. ジェラミ・グラント
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。