原辰徳の選手時代と監督時代の成績と年俸は?甥の菅野智之とは?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


メロンパンが大好きなプロ野球監督は誰と思いますか?巨人の原辰徳監督です。わたしも大好きです。「永遠の若大将!」の原辰徳選手の現役時代や監督時代の成績や年俸を調べてみました。

原辰徳選手の現役時代の成績と年俸は?

・1980年   ドラフト1位  契約金8000万円

・1981年     840万円  率.268   本22   点67

・1982年    1440万円  率.275   本33   点92

・1983年    2700万円  率.302   本32   点103

・1984年    4300万円  率.278   本27   点81

・1985年    3870万円  率.283   本34   点94

・1986年    3870万円  率.283   本36   点80

・1987年    3870万円  率.307   本34   点95

・1988年    6000万円  率.300   本31   点81

・1989年    6600万円  率.261   本25   点74

・1990年    8000万円  率.303   本20   点68

・1991年    9400万円  率.268   本29   点86

・1992年    9900万円  率.272   本28   点77

・1993年  1億2500万円  率.229   本11   点44

・1994年  1億1500万円  率.290   本14   点36

・1995年  1億1500万円  率.201   本6    点15

*通算成績  安打数1675  本382  点1093

*タイトル  打点王:1回 (1983年)

スポンサードリンク

・1999年    5000万円  野手総合コーチ

・2000年    5000万円  ヘッドコーチ

・2001年    5000万円  ヘッドコーチ

・2002年    8000万円  監督  1位  日本一

・2003年  1億0000万円  監督  3位

*10月7日に甲子園で当時、阪神の星野監督から「今までご苦労さん。必ず帰ってこい!」と激励されましたね。

・2006年  1億5000万円  監督  4位

・2007年  1億5000万円  監督  1位

・2008年  2億0000万円  監督  1位

・2009年  2億2000万円  監督  1位 日本一

・2010年  2億2000万円  監督  3位

・2011年  2億2000万円  監督  3位

・2012年  2億2000万円  監督  1位 日本一

・2013年  2億2000万円  監督  1位

・2014年  3億0000万円 2年契約 1位

・2015年  3億0000万円  監督  2位

原辰徳の甥の菅野智之投手とは?

原辰徳監督の妹の子で甥の菅野智之投手ですね。小学校に上がる直前に、原辰徳選手の引退試合を観戦したのが野球を始めるキッカケになったといわれています。

2011年のドラフト会議で、原辰徳監督の読売ジャンアイツの単独指名が濃厚と噂されていましたが、日本ハムファイターズも1位指名し、抽選、結果日本ハムが交渉権を獲得しましたが・・・

結局、入団を拒否し、一年後に単独1位の読売ジャイアンツに入団が決まり、1年目に13勝、2年目も12勝を挙げるエースピッチャ―になり、活躍しましたね。

・2012年   ドラフト1位   契約金1億円

・2013年   1500万円  13勝6敗   防御率3.12

・2014年   7000万円  12勝5敗   防御率2.33

・2015年 1億1000万円

今季は、日本一を目指して頑張ってくださいね。読売ジャイアンツ原辰徳監督を応援してま~す。 

* 今季限りで退任することになった原辰徳監督。「ご苦労様でした!」16年より読売ジャイアンツ球団特別顧問に就任いたしますね。読売ジャイアンツの為にガンバレ!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 寺原隼人
  2. ドラガン・ベンダー
  3. 石原克哉
  4. 佐伯貴弘
  5. オット・ポーター
  6. 遠藤聖大
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。