工藤公康の成績と年俸は?ファンを大切にするエピソードとは何か?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


西武、ダイエー、巨人の3球団で日本シリーズを制覇し、優勝請負人と呼ばれ、今季から福岡ソフトバンクホークス監督として指揮を執ることになった工藤公康投手。現役時代の成績や年俸など、気になる情報をしらべてみました。

工藤公康投手の成績と年俸は?

・1981年  ドラフト6位  契約金6000万円 (西武ライオンズ)

・1982年    480万円         1勝1敗    防御率3.41

・1983年    600万円   2勝0敗   防御率3.24

・1984年    680万円   0勝1敗         防御率2.92

・1985年    560万円   8勝3敗   防御率2.76

・1986年   1520万円   11勝5敗  防御率3.22

・1987年   2900万円   15勝4敗  防御率2.41

・1988年   5300万円   10勝10敗1S 防御率3.79

・1989年   5500万円   4勝8敗2S 防御率4.96

・1990年   4600万円   9勝2敗   防御率3.36

・1991年   5600万円   16勝3敗  防御率2.82

・1992年   8500万円   11勝5敗  防御率3.52

・1993年   9500万円   15勝3敗  防御率2.06

・1994年 1億6000万円   11勝7敗  防御率3.44

・1995年 1億6000万円   12勝5敗  防御率3.64 (ダイエーホークス)

・1996年 1億6000万円   8勝15敗  防御率3.51

・1997年 1億4500万円   11勝6敗  防御率3.35

・1998年 1億6000万円   7勝4敗   防御率3.07

・1999年 1億5000万円   11勝7敗  防御率2.38

・2000年 1億5000万円+契約金7500万円 12勝5敗 防御率3.11 (読売ジャイアンツ)

・2001年 3億0000万円   1勝3敗   防御率8.44

・2002年 2億4000万円   9勝8敗   防御率2.91

・2003年 3億0000万円   7勝6敗   防御率4.23

・2004年 2億8000万円   10勝7敗  防御率4.67

スポンサードリンク

・2005年 2億9000万円   11勝9敗  防御率4.70

・2006年 2億9000万円   3勝2敗   防御率4.50

・2007年   9000万円   7勝6敗   防御率3.91  (横浜ベイスターズ)

・2008年 1億1000万円   0勝2敗   防御率5.27

・2009年   5000万円   2勝3敗   防御率6.51

・2010年   3000万円   0勝2敗   防御率10.50 (西武ライオンズ)

*通算成績  224勝142敗3S  防御率3.45

*タイトル  ・最優賞防御率:4回 (1985年・1987年・1993年・1999年)

・最高勝率:3回 (1987年・1991年・1993年)

・最多奪三振:2回 (1996年・1999年)

工藤公康投手のファンを大切にするエピソードとは?

工藤公康投手は、ダイエーからFAで読売ジャイアンツに移籍する際、残留を願うファンが署名活動を行い、なんと15万人もの署名が集まりましたが、移籍後、数年かけて署名されたファンの皆様に、住所と宛名を自筆した感謝の手紙を送ったという・・・人柄が表れていますね。工藤公康投手を益々好きになりました。

今季も日本一を目指し頑張ってくださいね。工藤公康投手を応援してま~す。ガンバレ!!

*2015年より福岡ソフトバンクホークスの監督になり、就任1年目でレギュラーシーズン、クライマックスシリーズ、日本シリーズの3部門においての完全優勝を成し遂げました。おめでとうございます!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. レブロン・ジェームス
  2. 河本裕之
  3. デイミアン・ジョーンズ
  4. 藤田義明
  5. ボビー・ポーティス
  6. ジェイ・クラウダー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント