能見篤史の年俸と成績は?結婚した嫁や出身高校等プロフィールは

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


阪神タイガースのイケメン投手の能見篤史投手。
今シーズンも開幕投手を目指す能見篤史投手の年俸や成績など
気になる情報を調べてみました。

能見篤史投手の年俸と成績は?

・2004年  自由獲得枠  契約金1億円 (阪神タイガース)

・2005年   1500万円  4勝1敗1H  防御率5.57

・2006年   1800万円  2勝4敗8H  防御率4.98

・2007年   1800万円  4勝4敗2H  防御率4.38

・2008年   2000万円  0勝0敗    防御率4.76

・2009年   1800万円  13勝9敗   防御率2.62

・2010年   5000万円  8勝0敗    防御率2.60

スポンサードリンク

・2011年   5000万円  12勝9敗   防御率2.52

・2012年 1億0000万円  10勝10敗  防御率2.42

・2013年 1億2000万円  11勝7敗   防御率2.69

・2014年 1億5000万円  9勝13敗   防御率3.99

・2015年 1億4000万円  11勝13敗  防御率3.72 (3年契約)

・2016年 1億4000万円  8勝12敗   防御率3.67

・2017年 1億4000万円

*タイトル  ・最多奪三振:1回 (2012年)

能見篤史投手の妻とは?

能見篤史投手は2005年12月に同じ年の一般女性の福島千江子様という方と結婚されています。
社会人野球の大阪ガス時代から交際されていたそうです。

能見篤史投手のプロフィールとは!

能見篤史投手は1979年5月28日生まれ・兵庫県出石郡出石町(現:豊岡市)の出身です。
鳥取城北高校の2年生の夏の鳥取大会で準優勝し、その後の秋季大会では優勝しています。

3年生の時の春季県大会でノーヒットノーランを達成し、夏は2回戦で鳥取西高校に敗退しましたが、
川口知哉投手、井川慶投手と並んで「高校生左腕三羽ガラス」と呼ばれていました。

高校卒業後は大阪ガスに入社しましたが、故障が多く「5年目までやってダメだったら引退して社業に就くことを真剣に考えた」という。入社5年目の2003年頃から頭角を表し、社会人野球日本選手権大会では好成績を残し、日産自動車との決勝戦では残念ながらサヨナラ負けで準優勝に終わりました。

能見篤史

当時、野村監督が率いるシダックス戦で野間口貴彦投手と投げ合い勝利し、
JFE西日本との決勝戦では3番手投手として登板しましたがソロホームランを喫し、
又もや準優勝でしたが、ドラフトで阪神に自由枠で入団いたしました。

yjimageKKM6IOOU-n-3

今シーズンはリーグ優勝で日本一を目指してくださいね。
能見篤史投手の今後の活躍を期待しています。ガンバレ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 高宇洋
  2. 木佐貫洋投手
  3. 風間宏希
  4. 奥埜博亮
  5. ブランダン・ライト
  6. 神谷優太
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント