中村メイコと美空ひばり!夫と娘のカンナとは!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


中村メイコさんが久しぶりにテレビに出ていらしゃるのを見ました。お若いですね!幼い時に菊池寛と会食していらっしゃるということで芸歴が古いですね。

中村メイコ

中村メイコと美空ひばりの関係は!

中村メイコさんにとって美空ひばりさんとは「親友」以上の「大親友」だそうです。幼い時から大親友として、また自分の妹のように接してこられ、家族ぐるみのお付き合いだそうです。

二人ともお酒が好きでよく飲まれたそうですが、中村メイコさんは「娘以外で気が置けなくて、お酒を飲めるのは美空ひばりさんしかいない」と言われていましたね。

中村メイコさんと美空ひばりさんは15歳ぐらいから飲んでいたと週刊誌に書いてあって、「あなたと同じぐらい飲んでいたのに、なんで私が病気にならないの」というと美空ひばりさんは「違うのよ、メイコはわたしの半分しか飲んでいないのよ、おなたはやめなさいと言ってれる人がいるでしょう、私はいないからそれから又、飲んでいたのよ」と言われたそうです。

スポンサードリンク

国民的スターも人知れぬ寂しさがあったのでしょうか?晩年美空ひばりさんは、毎日のようにへべけれになるまで飲んでいて「美空ひばりには神様がついているけど、加藤和枝(美空ひばりさんの本名)には神様はついていないが口癖で、夜明けを迎えることがしばしばあったという。(中村メイコさんもお酒は程々に!)

中村メイコ

 

 

中村メイ子の夫はどんな人ですか?

中村メイコさんのご主人様は作曲家の神津善行さんで、長女に神津カンナさん、次女は女優の神津はずきさん、長男は画家の神津善之さんという芸術家一家である。

夫の神津善行さんとは、永六輔さんと3人でよく遊んでいたと語っていて、出会いは19歳で神津善行は留学費用をためていたが、その費用を中村メイコさんとのデート代に使ってしまうほど熱烈なアプローチをうけ結婚を決めたといわれています。

中村メイコさんは新婚旅行の前日に母親から「新婚旅行の一日目の朝は枕元でしっかり挨拶するように」と教わったが、芸能界が長い中村メイコさんは「昨夜はお疲れ様でした」と挨拶してしまったという(笑)

中村メイコ

中村メイコの娘の神津カンナとは?

1958年作曲家神津善行と中村メイコさんの長女として東京生まれ、東洋英和女学院高等部卒業、ニューヨークのサラローレンス・カレッジ演劇科に留学。

帰国後、発表したエッセイ「親離れするとき読む本」がベストセラーになり、以降文筆業に本業を入れるとともに、国立婦人教育会館運営委員などの数々の公職を務め、同時にラジオ・テレビのコメンテーターとしても活躍されています。だんだんお母さんそっくりになってきていますね!

1934年生まれで、まだまだお元気な中村メイコさん。大親友の美空ひばりさんが早く亡くなられてぶんまで長生きして頑張ってください。テレビやラジオに活躍されることを期待していますよ! でもお酒は程々に・・・・・

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 松居直美
  2. 川崎のぼる
  3. 杏
  4. 山城新伍
  5. 博多華丸
  6. ブラックマヨネーズ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。