茂木健一郎の身長や年齢や出身校は?子供の頃の夢とエピソードは

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


脳についての研究をわかりやすく説明する脳科学者の茂木健一郎さん。その茂木健一郎さんの身長や年齢や出身校など、気になる情報を調べてみました。

茂木健一郎の身長や年齢や出身校は?

茂木健一郎さんは1962年10月20日生まれ・東京都中野区生まれの埼玉県春日部市出身です。・身長:171㎝・体重:80kg・血液型:O型

■出身校:春日部市立粕壁幼稚園→ 春日部市立粕壁小学校→ 春日部市立八木崎小学校→ 春日部市立春日部中学校→東京学芸大学付属高校→ 東京大学理学部物理学科卒業→ 東京大学法学部卒業→ 東京大学大学院理学研究理学専攻博士課修了

■略歴:

・1992年 (30歳) 理化学研究所入所(国際フロンティア研究システム研究員)として勤務。

・1997年 (35歳) ソニーコンピュータサイエンス研究所に入所。

・2006年 (44歳) NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演。

スポンサードリンク

*主な出演:

・テレビ 「世界一受けたい授業」「ザ・ベストハウス123」「全国高等学校クイズ選手権」

・ドラマ 「みんな!エスパーだよ!」「花子とアン」

*主な著書:「脳とクオリア」「脳と仮想」「脳を活かす勉強法」『「脳」整理法」

茂木健一郎

茂木健一郎の子供の頃の夢とエピソードは!

◎ 子供の頃、野山で蝶を採るるのが好きで、将来は蝶の学者になりたいと思っていて、ゴマダラチョウを採るために近くの神社の森に1週間通ったという。(子供の頃からすごいですね)

◎ 5歳の時に近所に住んでいる、大学で昆虫学を研究している学生さんに紹介してもらって、その人の弟子になって、渋谷の志賀昆虫店で網や三角缶や、その他の道具をそろえて、蝶々を追いかけて、日本鱗翅学会にも入ったとの事。

◎ 小学校時代は体育が苦手で成績を上げるために頑張ったが、主要科目は特に頑張らなかったがオール5でした。

◎ 東大法学部時代、講義に出席した日は3日だけで、講義を受けず、ノートも入手せず試験を受けて、毎回何かをでっちあげて書いたといいます。

◎ テレビ番組や雑誌で、ひらめきや気づきの瞬間に「アッ!」と感じる体験を「アハ体験」として紹介しています。わずか0.1秒の間に脳内の神経細胞が一斉に活性化するという。

◎ 「世界一受けたい授業」で茂木健一郎さんの授業で、認知症の解説で枝豆が良いと言われていました。枝豆に含まれる「レシチン」という物質が脳神経の働きに大事な成分を持っているので、脳が活性化して記憶力の衰退を遅らせるという枝豆、貴方も認知症の予防にいかがですか!ちなみに私はビールのつまみに毎日食べています。(ボケないかなぁ~)

茂木健一郎

茂木健一郎さんの今後の活躍を期待しています。応援していますのでガンバレ!!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 政務活動費
  2. うなぎ
  3. ふるさと納税
  4. 芝生
  5. スズメバチ
  6. 裁判員制度
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。