朝丘雪路の若い頃の経歴と父との関係は?津川雅彦と子供の真由子は

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


お嬢様育ちで、おっとりしたキャラクターの女優・歌手の朝丘雪路さん。最近、体調が悪いと噂されている朝丘雪路さんの若い頃の経歴と父や津川雅彦さんとの子供のことなど、気になる情報を調べてみました。

朝丘雪路の若い頃の経歴や父との関係は?

朝丘雪路さんは1935年7月23日生まれ・東京都中央区出身です。・本名:加藤雪会・身長:158cm・血液型:B型

■出身校:東京都中央区立泰明小学校→ 山脇学園中学卒業

料亭「勝田」女将の勝田麻起子さんの娘として生まれています。非嫡出子であったが父に溺愛され小学校の通学にも教育係とともに人力車で通っていて、過保護ぶりは思春期を迎えても続いたという。

朝丘雪路さんの父親は伊藤深水さんで、大正・昭和期の浮世絵師、日本画家、版画家です。歌川派浮世絵の正統を継いでいて、日本画独特のやわらかな表現の美人画が有名です。特に本妻の好子さんをモデルにした大作を数多く発表し、評価を高めたという。

■略歴:

・1952年 (17歳) 宝塚歌劇団に入る(1955年退団)

・1955年 (20歳) 松竹に入社(1059年退団)

・1966年 (31年) バラエティ「11PM」の司会を務める。

・1993年 (56歳) NHK朝の連続テレビ小説「ええにょぼ」に出演。

・2005年 (70歳) NHK「風のハルカ」に出演。

スポンサードリンク

*他の主な出演:

・舞台  「人間万歳」

・映画  「嵐を呼ぶ男」「三百六十五夜」「極道の妻たちリベンジ」「座頭市」

・ドラマ 「スチュワーデス」「女検事霞夕子シリーズ」「徳川おんな絵巻」

・バラエティ「三枝の愛ラブ!爆笑クリニック」「ジャングルTV」「シルシルミシル」

朝丘雪路と津川雅彦との子供は?

朝丘雪路さんは1967年青森県八戸市の内科医師と結婚し、男児が誕生していますが、1968年に離婚しています。(正式には1972年に離婚、子供は夫側が引き取る)

1973年に俳優の津川雅彦さんと再婚し1974年に真由子さんが誕生しています。しかし1974年8月15日午前3時、世田谷区の津川・朝丘さん宅の2階から真由子さん(当時、生後5ヶ月)が誘拐され身代金として200万円要求する事件がありました。

警察の指示で犯人の偽名口座に150万円振込み、各銀行に捜査員を配置し、男の身柄を確保しました。真由子さんは、犯人の家の千葉県我孫子市のアパートで午後7時15分、41時間ぶりに無事、発見され保護されました。(良かったですね)

犯人である23歳の男性は、当初、佐川満男・伊東ゆかりさん夫婦(当時)の長女を誘拐する予定だったが、住所がわからなかったので、津川夫婦の長女に変更したという。

娘の真由子さんは1974年3月18日生まれ・本名:加藤真由子。津川雅彦さんが社長をつとめるグランパパプロダクションに所属している女優さんです。異常なほどの「パパっ子」で現在でも一緒に入浴することは有名だそうです。(これは、チョット変!)

朝丘雪路

朝丘雪路さんの今後の活躍を期待しています。体調が早く良くなります様祈っています。応援していますのでガンバレ!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 大渕愛子
  2. 大東駿介
  3. 速水もこみち
  4. トリンドル玲奈
  5. DAIGO
  6. アルフィー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント