山田久志の現役時代と監督時代の成績とは?身長や年齢などの経歴は

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


史上最高のサブマリン投手と言われている元プロ野球選手の山田久志投手。全盛期の阪急ブレーブスを支えた山田久志投手の成績や身長や年齢など、気になる情報を調べてみました。

山田久志の現役時代の成績と年俸は?

・1969年 (21歳)   0勝1敗   防御率5.40

・1970年 (22歳) 10勝17敗   防御率3.19

・1971年 (23歳) 22勝6敗    防御率2.37

・1972年 (24歳) 20勝8敗    防御率3.08

・1973年 (25歳) 15勝10敗   防御率3.57

・1974年 (26歳) 11勝6敗11S 防御率3.05

・1975年 (27歳) 12勝10敗2S 防御率4.32

・1976年 (28歳) 26勝7敗5S  防御率2.39

・1977年 (29歳) 16勝10敗7S 防御率2.28

・1978年 (30歳) 18勝4敗4S  防御率2.66

・1979年 (31歳) 21勝5敗4S  防御率2.73

・1980年 (32歳) 13勝10敗1S 防御率2.96

・1981年 (33歳) 13勝12敗5S 防御率2.94

・1982年 (34歳) 16勝9敗4S  防御率3.01

・1983年 (35歳) 14勝11敗   防御率3.32

・1984年 (36歳) 14勝4敗    防御率3.27

・1985年 (37歳) 18勝10敗   防御率4.33

・1986年 (38歳) 14勝9敗    防御率3.81

・1987年 (39歳)  7勝7敗    防御率3.72

・1988年 (40歳) 4勝10敗    防御率4.88

*通算成績 654試合 284勝166敗43S 防御率3.18 奪三振2058

スポンサードリンク

*中日ドラゴンズ監督時の成績は

・2002年 (54歳) 69勝66敗 順位3位

・2003年 (55歳) 73勝66敗 順位2位

*タイトル:

・最多勝:3回 (1972年、1976年、1979年)

・最優秀防御率:2回 (1971年、1977年)

・最高勝率:4回 (1971年、1976年、1978年、1979年)

山田久志の身長や年齢や出身校は?

山田久志投手は1948年7月29日生まれ・秋田県能代市出身です。・身長:176cm・体重:77kg・血液型:O型

■出身校:秋田県立能代高等高校卒業

■経歴:

・1969年 (21歳) ドラフト1位で阪急ブレーブスに入団。

・1978年 (30歳) 3年連続MVP。

・1988年 (40歳) 現役引退。

・2002年 (54歳) 中日ドラゴンズの監督に就任。

山田久志さんの今後の活躍を期待しています。応援していますのでガンバレ!!もう一度ユニホーム姿を!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 大石大二郎
  2. yjimage-i-1
  3. 高代延博
  4. トレイ・ライルズ
  5. ルー・アマンドソン
  6. 江本孟紀
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。