熱中症の症状とは?対策と予防はどうする応急処置としては何を?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


最近の猛暑で、体は大丈夫ですか?全国的に熱中症の症状で救急車に運ばれるケースが非常に多くなっています。あなたも十分気を付けてくださいね。

熱中症の症状とはどんな症状ですか?

そもそも熱中症とは、暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称ということで、症状としては、めまい、失神、頭痛、吐き気、気分が悪くなる、体温の異常な上昇、異常な発汗、または汗が出なくなる等・・・・。

屋内、屋外を問わず高温多湿等が原因となって起こるので、日射病とは違い室内でも発症するケースが多いのです。

熱中症の予防

熱中症の対策と予防はどうしたらいいの!

「高齢者」と「乳幼児」は「熱中症弱者」と呼ばれ、特に高齢者は暑さそのものを感じにくくなっています。一緒にいるのが難しい場合は、室温計などを用意しておくことで、視覚から暑さを理解するようにして、目安として室温28℃、湿度70%以下になるよう、エアコンを使って熱中症を防ぎましょう。

服装は通気性の良い服装で、外出する際は日傘や帽子をかぶり、「のどが渇いた」と感じたときは、すでにかなり水分不足になっている場合が多く、水分・塩分補給をこまめにし、無理をせず徐々に身体を暑さに慣らしましょう。

熱中症の予防

熱中症の応急処置としてはどうしたらいいの!

スボーツドリンク等を飲ませましょう。木陰やクーラーの効いた涼しい場所に移し衣服を緩めましょう。ネクタイやシャツ、ズボンのベルトなど身体を締め付けるものは外しましょう。そのような場所がない場合には、うちわで早急に体を冷やしてください。うちわがない場合は、シャツ等をうちわ代わりに使ってください。

スポンサードリンク

また、霧吹きで全身に水を浴びせて、気化熱によって冷やします。霧吹き等がない場合は口に水を含んで吹きかけるのも良い。冷たい缶ジュースや氷枕などをタオルやハンカチなどに包んで腋の下、股などの動脈が集中する部分にあてて冷やすこともいいですね。

一説によると、熱中症になった経験のある人は、又熱中症になりやすいとか、熱中症で体温が高くなると大腸菌でつくられた内毒素が血液中に漏れ出し、体温が正常に戻っても体の抵抗力が弱まるという研究結果もあるそうです(注意してくださいね!)

熱中症の予防

人ばかりでなくペットの熱中症にも注意が必要ですね。犬など汗腺が少ないため、とくに5月~10月にかけて熱中症にかかりやすいとされています。散歩の際には地面から体までの距離が近いため反射熱が犬に影響を及ぼしますので、散歩の時間帯を考えてあげよう。

いずれにせよ、反応が鈍い、言動がおかしい、意識がはっきりしない等はすぐに救急車を呼びましょう。これからが夏本番!!体調に注意ながら「夏」を楽しみましょう!!それに山、海などの事故も十分注意してくださいね!特に小さい子供さんには注意を!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. DNA鑑定
  2. 富岡製糸場
  3. こんにゃくスポンジ「つや工房」
  4. 裁判員制度
  5. 犬
  6. 平均寿命
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。