村田兆治投手の成績と年俸は?身長や年齢や出身校などプロフィール

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


「マサカリ投法」と言われ、ダイナミックな投法でファンを魅了した元ロッテオリオンズの村田兆治投手。カンバック賞も受賞した村田兆治投手の成績と年俸や身長など、気になる情報を調べてみました。

村田兆治投手の成績と年俸は!

・1967年 (18歳) ドラフト1位 (ロッテ・オリオンズ)

・1968年 (19歳)  0勝1敗     防御率3.86

・1969年 (20歳)  6勝8敗     防御率3.57

・1970年 (21歳)  5勝6敗     防御率4.78

・1971年 (22歳) 12勝8敗     防御率3.33

・1972年 (23歳)  3勝3敗     防御率646

・1973年 (24歳)  8勝11敗    防御率3.21

・1974年 (25歳) 12勝10敗1S  防御率2.69

・1975年 (26歳)  9勝12敗13S 防御率2.21

・1976年 (27歳) 21勝11敗4S敗 防御率1.82

・1977年 (28歳) 17勝14敗6S  防御率2.68

・1978年 (29歳) 14勝13敗3S  防御率2.90

・1979年 (30歳) 17勝12敗2S  防御率2.96

・1980年 (31歳) 2520万円  9勝9敗2S 防御率3.89

・1981年 (32歳) 2300万円 19勝8敗   防御率2.97

・1982年 (33歳) 3500万円  4勝1敗   防御率2.90

スポンサードリンク

・1983年 (34歳) 2500万円 (トミー・ジョンズ手術の為出場なし)

・1984年 (35歳) 2700万円  0勝1敗   防御率6.00

・1985年 (36歳) 2350万円 17勝5敗   防御率4.30 (カンバック賞)

・1986年 (37歳) 4300万円  8勝11敗  防御率3.94

・1987年 (38歳) 4300万円  7勝9敗   防御率4.34

・1988年 (39歳) 4400万円 10勝7敗   防御率3.89

・1989年 (40歳) 5500万円  7勝9敗   防御率2.50

・1990年 (41歳) 7400万円 10勝8敗2S 防御率4.51

*通算成績 604登板 215勝177敗33S  防御率3.24

*タイトル:

・最多勝:1回 (1981年)

・最優秀防御率:3回 (1975年、1976年、1989年)

・最多セーブ投手:1回 (1975年)

・最多奪三振:4回 (1976年、1977年、1979年、1981年)

村田兆治の身長や年齢や出身校は!

村田兆治投手は1949年11月27日生まれ・広島県豊田郡本郷町出身です。・身長:181cm・体重:78㎏・血液型:O型

■出身校:福山電波工業高等学校卒業

村田兆治さんの今後の活躍を期待しています。応援していますのでガンバレ!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. J.J.レディック
  2. 川口尚紀
  3. 笠りつ子
  4. 馬場ゆかり
  5. 波留敏夫
  6. 市丸瑞希
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。