寺原隼人の成績と年俸は?身長や出身校や球速の速さの値はいか程か

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


7年ぶりにソフトバンクホークスに復帰し、一軍昇格後、好投を続けている寺原隼人投手。その寺原隼人投手の成績や年俸や身長など、気になる情報を調べてみました。

寺原隼人の成績と年俸は?

・2001年 (18歳) ドラフト1位指名 契約金1億円 (ダイエーホークス)

・2002年 (19歳) 1500万円  6勝2敗1S 防御率3.59

・2003年 (20歳) 3000万円  7勝5敗   防御率5.48

・2004年 (21歳) 3600万円  0勝0敗   防御率7.56

・2005年 (22歳) 2800万円  0勝0敗   防御率9.00

・2006年 (23歳) 2200万円  3勝7敗   防御率4.23

・2007年 (24歳) 2500万円 12勝12敗  防御率3.36 (横浜ベイスターズ)

・2008年 (25歳) 6000万円 3勝9敗22S 防御率3.29

・2009年 (26歳) 8000万円  2勝7敗   防御率3.90

・2010年 (27歳) 6400万円  4勝3敗   防御率3.67 (オリックス)

・2011年 (28歳) 6400万円 12勝10敗  防御率3.06

・2012年 (29歳) 8500万円  6勝8敗   防御率3.92

スポンサードリンク

・2013年 (30歳) 8500万円  4勝7敗   防御率4.65 (ソフトバンク)

・2014年 (31歳) 8500万円  1勝4敗   防御率4.88

・2015年 (32歳) 4500万円  8勝3敗2H 防御率3.44

寺原隼人投手の身長や体重や出身校?

寺原隼人投手は1983年10月9日生まれ・宮崎県宮崎市出身です。・身長:180cm・体重:86kg・血液型A型

■出身校:宮崎市立本郷小学校→宮崎市立赤江東中学校→日南学園高等学校

寺原隼人投手の球速の値は?

寺原隼人投手は日南学園高等学校の入学時には球速135Km/hを超えていて、甲子園を目指す小川茂仁監督の下でアーム式の投法から肘を上げるフォームに変更し、夏の県大会では140Km/h台になりましたね。

2年生の秋の県大会で優勝していますが、九州大会では最速147km/hを記録しましたが準々決勝で神崎高校に1対4で敗れています。この頃は急激な成長に捕手が追いつかずバッテリーエラーをしていたといいます。

3年生の時、市立船橋との練習試合で当時の高校生最高球速となる155km/hを記録しています(すごいの一言!)

寺原隼人投手の今後の活躍を期待しています。応援していますので優勝を目指してガンバレ!! 年俸1億円を目指せ!そんな逸材だぞ~。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 森谷賢太郎
  2. リチャード・ジェファーソン
  3. 申ジエ
  4. 丸山茂樹
  5. 池山隆寛
  6. 上田諭尉
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。