今中慎二のドラゴンズの年俸と通算成績は?身長や球速や球種とは

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


1993年から4年連続で開幕投手を務めた元中日ドラゴンズの今中慎二投手。今中慎二投手の現役時代の年俸や成績や身長など、気になる情報を調べてみました。

今中慎二投手の年俸と成績は?

・1988年 (17歳) 契約金6000万円 (中日ドラゴンズ)

・1989年 (18歳)    480万円 1勝4敗   防御率6.86

・1990年 (19歳)    580万円 10勝6敗1S防御率3.86

・1991年 (20歳)   1750万円 12勝13敗 防御率2.52

・1992年 (21歳)   3500万円 8勝2敗   防御率1.77

・1993年 (22歳)   3700万円 17勝7敗1S防御率2.20

・1994年 (23歳)   9200万円 13勝9敗3S防御率2.88

・1995年 (24歳) 1億4000万円 12勝9敗  防御率3.29

・1996年 (25歳) 1億5000万円 14勝8敗  防御率3.31

・1997年 (26歳) 1億6500万円 2勝2敗   防御率4.03

・1998年 (27歳) 1億4500万円 2勝8敗   防御率5.34

・1999年 (28歳) 1億2000万円 0勝1敗   防御率7.88

・2000年 (29歳)   8400万円 一軍出場なし

・2001年 (30歳)   3800万円 0勝0敗   防御率3.27

スポンサードリンク

*通算成績 233登板 91勝69敗5S 奪三振1129 防御率3.15

*タイトル

・最多勝利:1回 (1993年) ・最多奪三振:1回 (1993年)

・2012年 (41歳) 2000万円   (中日ドラゴンズ投手コーチ)

・2013年 (42歳) 2000万円 (中日ドラゴンズ投手コーチ)

今中慎二投手の身長や年齢や出身校は!

今中慎二投手は1971年3月6日生まれ・大阪府門真市出身です。・身長:182cm・体重:73kg・血液型A型

■出身校:門真第一中学高等学校→大阪産業大学高等学校大東校舎→大阪桐蔭高等学校

今中慎二投手の球種や球速は?

今中慎二投手の球速は、全盛期はキレの良いストレートで最速で150Km/h近く出ていたと言われています。

球種は、100km/h前後のスローカーブから80km/hという超スローカーブやフォークボール、特に指が短く開きも狭いため、スプリット・フィンガード・ファストボール系のフォークを多投していました。

今中慎二投手の今後の活躍を期待しています。応援していますので頑張ってください。また、コーチや監督でグランドに帰ってきてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 曽秀鳳
  2. ケンドリック・パーキンス
  3. 森本稀哲
  4. 森野将彦
  5. ブランダン・ライト
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。