中西太の現役時代と監督時代の成績は?数々の伝説とタイトルとは!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


「怪童」と言われ、史上3人目の打率3割・30本塁打・30盗塁(トリプルスリー)を達成している元プロ野球選手の中西太選手。西鉄ライオンズと日ハム・阪神タイガースの監督だった中西太さんの現役時代や監督時代の成績など、気になる情報を調べてみました。

中西太選手の現役時代の成績は?

・1952年 (19歳) 率.281 本12 点65(西鉄ライオンズ)

・1953年 (20歳) 率.314 本36 点86

・1954年 (21歳) 率.296 本31 点82

・1955年 (22歳) 率.332 本35 点98

・1956年 (23歳) 率.325 本29 点95

・1957年 (24歳) 率.317 本24 点100

・1958年 (25歳) 率.314 本23 点84

・1959年 (26歳) 率.294 本7  点29

・1960年 (27歳) 率.362 本1  点10

・1961年 (28歳) 率.304 本21 点54

・1962年 (29歳) 率.268 本2  点11

・1963年 (30歳) 率.282 本11  点26

・1964年 (31歳) 率.150 本0   点4

・1965年 (32歳) 率.294 本2   点9

・1966年 (33歳) 率.275 本6   点15

・1967年 (34歳) 率.278 本3   点9

・1968年 (35歳) 率.400 本1   点8

・1969年 (36歳) 率.000 本0   点0

*通算成績:1388試合 1262安打数 率.307 本244 点785

スポンサードリンク

*タイトル
・首位打者:2回 (1955年、1958年)
・本塁打王:5回 (1953年~1956年、1958年)
・打 点 王 :3回 (1953、1956年~1957年)

中西太選手の伝説とは!

◎ 1962年、29歳史上最年少で西鉄ライオンズの監督に就任しています。
◎ 1953年、対大映戦(平和台野球場)で林投手から放った打球はライナーでバックスクリーンを超え場外の福岡城跡まで届いてびっくり、推定飛距離は160m以上飛んでプロ野球最長距離とされている。
◎ 1955年、来日したメジャーリーガー達から「中西だけはメジャー級!」と言われ、ホームラン競争で13本塁打を放ち「ビッグ・バッファロー」と呼ばれて驚かれた。

中西太監督の成績と球団とは?

・1962年 (29歳) 3位 62勝68敗6分  (西鉄ライオンズ)

・1963年 (30歳) 1位 86勝60敗4分

・1964年 (31歳) 5位 63勝81敗6分

・1965年 (32歳) 3位 72勝64敗4分

・1966年 (33歳) 2位 75勝55敗8分

・1967年 (34歳) 2位 66勝64敗10分

・1968年 (35歳) 5位 56勝74敗3分

・1969年 (36歳) 5位 51勝75敗4分

====================================

・1974年 (41歳) 6位 49勝75敗6分  (日本ハム)

・1975年 (42歳) 6位 55勝63敗12分

====================================

・1980年 (47歳) 5位 54勝66敗10分  (阪神タイガース)

・1981年 (48歳) 3位 67勝58敗5分

中西太選手の身長や年齢や出身校は!

中西太選手は1933年4月11日生まれ・香川県高松市出身です。・身長:173cm・体重:93kg・血液型O型

■出身校:高松第一高等学校卒業

中西太

中西太さんの今後の活躍を期待しています。応援していますので体に気をつけて頑張って下さいね!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 中村充孝
  2. 高田繁
  3. タイラー・ゼラー
  4. 高井和馬
  5. 藤田祥史
  6. 原田三夫
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント