平均寿命の日本男女を厚生労働省が発表!意味はからくりは?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


厚生労働省は日本男女の平均寿命を発表しましたね。初めて男性が80歳を超えました。今のご時世、喜んでいいやら複雑な気分ですか・・・・・?

調査が始まった1891年以来はじめて男性は80歳を超え、女性は2年連続で長寿世界一になりました。(女性は強い!!)

平均寿命

日本の男女の平均寿命はうなぎのぼりですが?

日本の女性の平均寿命は香港をわずかにおえて、長寿世界一の座を守りました。2位は香港の86.57歳、3位はスペインの85.13歳、4位はフランスの85.0歳、5位がスイスの84.7歳。・・・・

男性も前年の5位から4位に順位を上げました。男性のトップは香港の80.87歳、2位はアイスランドの80,8歳、3位はスイスの80.5歳、4位は我がジャパンの80.21歳、5位がシンガポールの80.2歳・・・・ (ついに男も80越え!!)

平均寿命の本当の意味とは!

死因にかかわらず生まれてから死ぬまでの時間をいい、0歳児が平均して何歳まで生きるかを示したものです。ちなみに平均余命とは、例えば50歳の人が、平均してあと何年生きるかを示したものです。

スポンサードリンク

厚生労働省によると、がんや心疾患、脳血管疾患、肺炎で亡くなる割合が下がったことが、平均寿命の延びにつながったとしている。しかも、医療技術の進歩で、今後も平均寿命は延びる余地があると分析している。

平均寿命

平均寿命には、からくりがありそうです!

日本の戦後間もない1947年の平均寿命は男性で50.05歳、女性で53.95歳で今より30年余り短かったそうです。この数字で以前50歳で亡くなっていた人が80歳まで生きるようになったということではないようです。

仮に、100人の死亡した年齢を足して100で割った数値というような単純なものではないようです。例えば、昨年2人が亡くなりました。一人は100歳、もう一人は2歳でした。今年の平均寿命は100×2=102 、102÷2=51 、でも平均寿命が51歳ではないようです。

あくまでも、0歳児が平均して何歳まで生きられるかを示したものだそうです。勘違いしている国民の皆様が多いのでは・・・・?

平均寿命

日本の平均寿命が延びるのは非常に結構なことですが、大切なのは、健康で自立した生活ができる、いわゆる「健康寿命」が延びることが大切です。病室で天上を見上げて、ん十年!!わたしは健康でなければ平均寿命前だけど早く死んだほうが、医療費を抑え年金も節約でき、家族に迷惑掛けず・・・せめて死ぬ時ぐらいは社会のお役に立つことをしないと・・・・・?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 政務活動費
  2. スズメバチ
  3. 芝生
  4. 池上彰
  5. ななつ星in九州
  6. ゆるキャラ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント