年金制度のこれからは?問題点と改革は

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


年金は、毎年定期、継続的に給付される金銭のことで、「100年安心」と言われていたが、どうなっているのでしょうか?将来「年金」がないと不安ですね。もらえるのでしょうか?調べたくなりましたょ。

年金制度のこれからはどうなるか?

近年の国民年金の給付率が、1992年(平成4年)度の85.7%をピークに年々低下し、特に2002年度は大きく低下しました。又、納付を免除、猶予された人の分を除外せずに算出した国民年金保険料給付率の全国平均は2006年は49%だったそうです。

結婚をしない人が増えていますね。若い世代で未婚・晩婚が増えている理由について、未婚男性は「経済的に余裕がないから」との回答が5割以上で最も多く、未婚女性では、「独身の自由さと気楽さを失いたくないから」「希望の条件に合う相手がいないから」等の回答でした。

年金は原則として20歳以上60歳未満の日本に居住するすべての国民は、国民年金に義務として強制加入し、資格期間が25年以上にある人が65歳になった時に老齢基礎年金を受給できる制度ですが、65歳をさらに繰り上げようとする政府案があるのが気になるところですね・・・・・!?

年金制度

年金制度のこれからの問題点はどこなのか?

急速な少子高齢化が進み国民の間で年金制度の持続性への不安が高まり、年金を払っていない人が増えています。なぜ少子化が進むのでしょう。

スポンサードリンク

スキルの高い人材が求められるようになった今の時代、子供の教育費の増大は親にとっては負担になるため、子供の数を減らすのは当然といえば当然ですね (国はこんなことも分からず国を動かしているかと思うとチョット心配ですね!!)

なぜ、高学歴の人材を企業はほしがるのでしょう?高学歴の人は、確かに状況に対応する能力等は高いと思いますが、社会に出てからは、未経験のことに対応することになるので・・・・就職試験の際の「大卒のみ」の資格は・・・・・?

成人した人が、親同居未婚者(パラサイト・シングル)の増加で、社会的自立を阻害して「晩婚化」「非婚化」を促進しています。欧米では、社会に出るときは生活力を身につけて親離れをするのが普通と言われていますが・・・・。

年金制度のこれからの改革

年金制度を語る上では、少子化問題は避けて通れないですね。出生率を回復させたフランスを例にとると、子供2人になると家庭に対して手当てが支給され、子供が11歳以上になると額が加算され20歳まで支給されるそうです。日本も何か手を打たなければ・・・

yjimageHP371KXE-ne-3

平均余命が延びてもらう人が増え、少子化が進み払う人が減れば当然苦しくなる年金制度。もらえるか、わからない?若い人たちの為にも「100年安心年金制度」を政治家の皆さんにお願いしたいですね!それに若い人には「結婚」をしてほしいですね!「結婚もいいものですよ」昔は「一人口は食えぬが二人口は食える」と言っていましたよ!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 野々村竜太郎
  2. 犬
  3. JR北海道
  4. 池上彰
  5. 幸福の科学
  6. ななつ星in九州
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント