熊本市の観光の見どころは阿蘇山と熊本城!それとも”くまモン”

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


熊本市は、九州の真ん中に位置し、2012年4月1日に福岡市、北九州市に次いで、九州で3番目の政令指定都市になり、九州新幹線鹿児島ルートが全線開通し、74万人の市民が住んでいる街です。

熊本市といえば、代名詞になっているのが「森の都」非常に緑が多い町でもあります。水がおいしいし「水の都」とも言われています。

第五高等学校が設置されたことから、夏目漱石や小泉八雲などの著名な作家が教師として熊本に訪れています。

1940年、宮本武蔵は熊本城主細川忠利に客分として招かれ熊本に移り、熊本市近郊の金峰山にある岩戸の霊巌洞で「五輪書」を書き1945年千葉城の屋敷で亡くなっています。(残念ですね!!)

 

熊本といえば、やはり「世界の阿蘇」でしょう!!

阿蘇山は高岳、根子岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳と連れなっている阿蘇5岳とほぼ900mの高さで火口原を囲む外輪山から成り立っています。

阿蘇山は、世界でも有数の大型カルデラと雄大な外輪山を持ち標高1000m以上の標高のため、熊本の避暑地として夏場は特に観光客で混雑しています。(市内から見ると、かなり涼しいです!!)

阿蘇山

雄大な阿蘇山

 

熊本といえば、加藤清正が築いた「熊本城」でしょう!!

熊本城は、日本の三大名城のひとつで、別名「銀杏城」と呼ばれ、石垣が上になるほど、そねかえり「武者返し」と呼ばれています。

「銀杏城」という名の由来は、城内に植えられた銀杏。篭城戦になった時の食料確保のため、築城時に加藤清正がこの銀杏を植えたという。(頭がいいですね!)

スポンサードリンク

現在、熊本城にて「おもてなし武将隊」がお客様のお出迎えを致します。「肥後の国を盛り上げるため、現世に蘇った加藤清正公をはじめ、その家臣の加藤家三傑、豊前、筑前に縁のある黒田 官兵衛殿、薩摩藩主の島津義弘殿などの武将がお出迎えしたすが、お主もいかがでござるか?

熊本城

おもてなし隊

 

熊本といえば、ゆるキャラの「くまモン」でしょう!!

くまモンは、熊本県庁が2010年に「くまもとサプライズ」のキャンペーンで、展開する「熊本県PRマスコットキャラクター」です。

2010年より始まった「ゆるキャラグランプリ」が開催されています。第1回グランプリに輝いたのは記名投票の部では、滋賀県彦根市の「ひこにゃん」が356票で制しました。

翌年の2011年に1位を獲得したのが「くまモン」です。実に287,315票を獲得しての1位です。しかし、2012年のグランプリには辞退して、優勝トロフィーのプレゼンターとして登場しています。(えら~い余裕!!)

くまモン

くまモンがいたぞ~

最近は、船橋市非公認の「ふなっしー」に押され気味の「くまモン」ですが、まだまだ人気が衰えない。これからは日本の「くまモン」から世界の「くまモン」になって、見せるなっし~!!

一度、熊本をお訪れてみてください。とってもいいところですよ!! ひょっとして「くまモン」に会えるかも!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. オスプレイ
  2. 芝生
  3. 富岡製糸場
  4. ゆるキャラ
  5. うなぎ
  6. こんにゃくスポンジ「つや工房」
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。