西田敏行と菊池桃子の人生の楽園!歌と演技はうまいが病気が?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


組合員数が2700名もいる「日本俳優連合」の理事長は誰か知っていますか? 「西ヤン」こと、西田敏行さんです。永世名誉会長に森繁久彌さん、名誉副会長に森光子さん。テレビ局や制作者と対等に出演契約を結びにくい俳優の弱い立場を解消するために作られた組合の5代目会長をリサーチしてみました。

西田敏行と菊池桃子の人生の楽園とは!

2000年から続いているテレビ番組で「人生の楽園」のナレーションをしているのが、このふたり。西田敏行さんと菊池桃子さん、当初はいかりや長介さんで、西田敏行さんは2代目ですね。女性は伊藤蘭さんでしたね!(なつかしい!)

50代以上の夫婦が都会からUターンやIターンして、店や農業をして新しい生活を描く、いい番組ですよ。番組の冒頭で今週は何かいいことがありましたか?。私ね、思うんですよ、人生には楽園が必要だってね」・・・・・・

スポンサードリンク

西田敏行

西田敏行は歌と演技はうまいのでは!!

1981年4月に発売した「もしもピアノが弾けたなら」が大ヒットし、1951年から放送されているNHK紅白で、過去において「歌手」「司会」「審査委員」「応援」「ナレーション」の5パターンをすべて出演経験があるのは、芸能界広しといえども西田敏行さんだけです。

西田敏行

西田敏行さんは、青年座俳優養成所の卒業生で、やはり演技はうまいですね!釣りバカのハマちゃんや玄太がはまり役のイメージがつよかったが、「アウトレイジ ビヨンド」での悪役演技をみて迫力もあり、さらに役者としての幅のある演技でしたね。

西田敏行

俳優にとっては「演技力」「表現力」は必須ですね。むつかしいですね。歌なら音程を外さないとか、声量があるなど、基準があると思いますが、「演技力」となると意見が分かれるところですね。でも、ほかに、うまいなぁ~と思う役者さんに大滝秀治さんを、私は入れたいですね。あなたはいかがですか?

西田敏行の病気は心筋梗塞?

2003年に自宅で、心筋梗塞で倒れ緊急入院、処置が早かったため助かったが、肉食中心の食事とヘビースモーカーがたたり入院した際、天下の美女の吉永小百合さんから手紙をもらい「タバコだけはやめてね、西やん」と書かれていたという。小百合さんから言われたら・・・やはり、やめますね!

2011年の東日本第震災が発生、出身地の福島県も甚大の被害をうけ、2013年3月には「池中玄太80キロ」で共演した坂口良子さんが死去、また、「釣りバカ日誌」シリーズでコンビを組んだ三國連太郎さんが4月に亡くなられ、さびしい西やんですが、まだまだ頑張って理事長を続けてくださ~い「応援してま~~す。」

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ざわちん
  2. 杉村太蔵
  3. 一青窈
  4. 石田純一
  5. 叶恭子
  6. yjimageMMU2IEMJ-s-1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。