林家たい平は花火とふなっしーのものまね!嫁が強い家族とは?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


林家こん平さんのお弟子さんで、武蔵野美術大学造形学部卒業という、落語家としては異色の経歴を持つ林家たい平さん。最近は、落語以外でも、映画を企画し、主演して活躍されています。林家たい平さんをリサーチしてみました。

林家たい平の花火とふなっしーのものまねは!

「笑点」の大喜利のコーナーで、「ふぅ?」「ふ?」といって「?なっしー」といっては、三遊亭圓楽さんや、春風亭昇太さんの座布団に横っ飛びするパフォーマンスが大うけです。しかし、最近は予知して座布団を取り上げる圓楽さんと昇太さんですね。(笑)

これだけ「ふなっしー」を宣伝している芸人さんも少ないのでは、「ふなっしー」も、たい平さんには感謝しなければ「ならないっしー??」(笑)

スポンサードリンク

「花火ネタ」は「オカマネタ」「恐妻ネタ」らと並ぶ、林家たい平のおはこネタで「ヒュー」と口笛を吹きながら花火が夜空に上がる様を表すため、舞台を両手でたたき、「パン!、パーン!」と打ち上げ花火が・・・・・さすが落語家さん!!うまい!

最近では、俳優の大滝秀治さんのものまねで、「笑点」で座布団運びをしている山田隆夫さんをいじっています「山田の挨拶はつまらん!!」といって、笑いを取っていますね。(笑)

林家たい平

2004年に病気療養の為、休演した師匠のこん平の代役で登場した林家たい平さん。復帰のめどが立たない為、2006年5月から春風亭昇太さんとともに正式にレギュラーメンバーになり、笑いを振りまいています。

林家たい平の家族でつよい嫁とはどんな嫁!!

同じ年の妻と2男1女の家族がいる林家たい平さん。妻の千華夫人はテレビ番組「笑点」の大喜利などでもたびたび名前が出ていており、司会者の桂歌丸さんの富士子夫人を上回る「恐妻」としても有名です!(笑)

「笑点」では鬼嫁として有名になっていますが、宮城県仙台市出身の千華夫人、林家たい平さんと結婚する前は、あの有名なリクルートに勤務しており、一時はフリーアナウンサー業でスポーツキャスターを行っていたこともある才女です。

林家たい平

林家たい平さんは、東日本大震災で妻の千華さんのおじさんが亡くなったこともあり、宮城県で慰問を兼ねて活動を行われています。がんばれ!

今年の「24時間テレビ」で師匠のこん平さんが久しぶりにテレビに登場されましたね、闘病生活で頑張る姿に、たい平さんと同じ気持ちで(涙!) 最後は武道館全員で「チャラーン!!」やっぱり人間は、最後まで「ネバーギブアップだぁ~」ガンバレ!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 杉村太蔵
  2. 桜金造
  3. 夏目三久
  4. 毒蝮三太夫
  5. 研ナオコ
  6. 中村昌也
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント