芝生の種類はどんなの?暖地型芝と寒地型芝の種類と用途とは?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


芝にはさまざまな種類があり、環境に対する適応性や性質には
それぞれ違いがあります。

美しい芝庭をつくるためには、この性質をよく理解することが大切ですね。

芝生の種類と用途とは?

芝の種類は暖地型と寒地型とに分けられる!!
いまや品種の豊富な芝ですが、比較的温暖な地域に適する暖地型と
冷涼な地域に適する寒地型とに大きく分かれることが出来ます。

暖地型芝には、日本で古くから使われてきた日本芝(ノシバ、コウライシバ、
ビロードシバ)や欧米で牧草として改良された西洋芝の一種バミューダグラス類が、
あります。

寒冷地芝には西洋芝のベントグラス類、ブルーグラス類、フェスク類、
ライグラス類があります。

暖地型芝 (冬枯葉色)
日本芝 ノシバ、コウライシバ、
西洋芝 バミューダグラス、ウィービングラブグラス

寒地型芝 (冬緑色)
西洋芝 ベントグラス類、ブルーグラス、フェスク類、ライグラス類

芝生

ヒメコウライシバは密生させると美しい!!

ノシバは葉の幅が4㎜以上と広く、葉もかたいので芝生の密生度が粗くなります。
生長は日本芝の中で一番遅く、日陰には弱いのですが、もっとも環境に対する
適応力にすぐれ、踏圧にも強いので公園の広場や、ゴルフ場のラフ、法面などに
使われています。

スポンサードリンク

コウライ芝は葉の幅が1~4㎜で、葉もやわらかく密生するので家庭や公園で
もっとも一般的に使われています。この種類に属するヒメコウライ芝はより
葉が細く生長も早いので、刈込や施肥など管理に手間がかかるものの、密生
させるととても美しい芝生になるので家庭向きといえるでしょう。

家の芝生

日本芝の一種にビロードシバというのがあります。
ビロードシバハ日本芝の中で一番葉が細く、寒さや踏圧に弱いので一般には
あまり使われていません。

バミューダグラス類は、生育温度が高いうえに、西洋芝のような葉の繊細さと
やわらかさを併せ持っています。コウライ芝より寒さに弱い面がありますが、
生長が早く、摩耗からの回復も早いので、競技場や球技場の芝生としてよく
使われています。

ベントグラス類は葉が細く、短い刈込にも耐えるので、冷涼な気候の欧米では
美しい芝生を作ることができます。しかし、肥料を多く必要とするなど、管理の
手間もかかり、高温多湿や乾燥に弱いことから日本の気候には向いていません。

フェスク類は耐暑性はすぐれませんが、乾燥と日陰に強くゴルフコース
などにつかわれています。

ゴルフ場

手間をかけて管理することが必要ですね!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 熱中症に
  2. ななつ星in九州
  3. 台風
  4. うなぎ
  5. ゆるキャラ
  6. 茂木健一郎
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。