芝生の張り芝と植えつけ方の種類は?張り芝の適した時期とは?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


芝の植えつけには、前もって日当たり、風通し、土壌、排水状況を
確認し、しばの育つ環境条件を整えることが大切です。また、芝の
植えつけは、張り芝による方法が一般的で、適した時期に植えます。

もっとも一般的な張り方は目地張り!

ノシバやコウライシバは一定の大きさに切って販売されているので
これを張りつけます。

平(べた)張り
切り芝をすき間なく張りつける方法で、できあがりの芝はもっとも
美しく、すぐに利用できます。注意したい点は、芝が窮屈にならず
生長できるように余裕をもって張ることです。せめて指が一本入る
1㎝ぐらいは、すき間をあけるようにします。

張り芝

目地張り
苗と苗の間にすき間を3㎝ほどあける方法で、一般的によく行われて
います。芝生面積の80%前後の芝苗を要します。

芝の張り方

市松張り
市松模様の形に張る方法で、芝が縦横に生長でき、芝の量は平張の
半分ですみます。しかし、一面に緑を茂らせるには目地張りより
時間がかかります。芝生面積の50%の芝苗を要します。

張り芝

筋張り
芝を一列に張り、列と列の間を広くあける方法で、少し傾斜のある
土地では、無理なく張ることができます。張るのは簡単ですが、一面
を茂らせるには時間がかかります。市松張り同様、芝生面積の50%~
60%の芝苗を要します。

芝の張り方

半張り

張り芝を半分に切り、目地張りする方法です。すき間の幅にもよりますが
意外に早く一面緑になります。

芝の張り方

 コウライシバ1束の目安は1.2~1.3㎡分!

コウライシバは14×36㎝の張り芝が20枚で1束になっています。
これで約1㎡分張ることができます。実際は、2~3㎝のすき間を
入れて張るので、1束で1.2~1.3㎝ぐらい張ることができます。

スポンサードリンク

また、ノシバは28×36㎝の張り芝が10枚で1束になっており
これで1㎡張ることができます。同様に2~3㎝のすき間を入れると
1束で約1.2㎡張ることができます。

張芝

張り芝の適した時期は生育開始直前の春先!

張り芝を行なう時期は、真冬と真夏を避ければいつでもかまいませんが、
芝が生育する適温期の直前3月から4月ごろが最適です。根の活動が
活発になり始め、蒸散が少なく、芝の傷みがもっとも少ない時期だから
です。5月以降に張る場合は、気温が高くなりますので、根付くまで
水やりを頻繁にし、乾燥させないことが大切ですね。

芝張り後は目土入れと水やりをお忘れなく!

張り終わったら、芝の根と土が密着するように、たたき板やスコップの
背などでたたきます。次に、芝の茎葉の先が隠れる程度に厚さ2㎜程の
目土を振るい入れ、目地の部分も同じ高さになるように土を入れます。

yjimageE1WQTOSF-m-1

最後は散水した水がしみこむようにゆっくりと十分に水やりを行います。
芝張り後、新しい根が発生するには、約一ヶ月かかります。新しい根が
土壌にしっかりと張り付く3ヶ月間は芝生を踏まないように心掛けましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. うなぎ
  2. DNA鑑定
  3. 茂木健一郎
  4. 芝生
  5. ななつ星in九州
  6. 芝生
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。